10万円でできるかなヤラセチーフディレクターの名前は誰で特定?顔画像と打ち切りも調査!

スポーツ

 

月曜日のゴールデン帯にテレビ朝日系で放送している人気番組の「10万円でできるかな」でヤラセが行われていたと、デイリー新潮で報じられました。

SNS上では、このニュースを見た人たちが「ヤラセはキスマイとサンドウィッチマンも知ってたの?」「番組打ち切り?」などと反応していました。

そこで今回は、「10万円でできるかな」でヤラセを指示していたディレクターは誰なのか、今後番組は継続するのか打ち切りになるのか調査していきたいと思います!

 

スポンサーリンク

10万円でできるかなの宝くじ企画でヤラセ発覚

月曜日のゴールデン帯に概ね隔週で放送される「10万円でできるかな」(テレビ朝日系)は、Kis-My-Ft2(キスマイ)とサンドウィッチマンをレギュラーに起用した人気バラエティである。キスマイとゲストらは、資金10万円を元手に試行錯誤し、その様子をスタジオのサンドウィッチマンが盛り上げる……という趣向だが、そんな番組の根幹を揺るがすヤラセが発覚した。

ヤラセが明るみに出たのは、番組の人気企画のひとつである「宝くじ」を買うチャレンジ。ナンバーズ、スクラッチなどを購入し、どれだけ当たるかを検証するというものだが、実際は10万円の数倍の資金が費やされていたという。

「私達スタッフはチーフディレクターの指示で、当たりくじを仕込むため事前にスクラッチを買い込み、削る作業に当たっていました」

と証言するのは、昨年7月15日に放映された「スクラッチ宝くじ削り旅」回でやらせに加担した番組関係者である。この時は東山紀之らのゲストチームとレギュラーのキスマイチームがそれぞれ5万円のくじを買い、当選額を比べるという企画だった。

引用元:デイリー新潮

デイリー新潮の記事によると、出演していたキスマイやサンドウィッチマンはこのヤラセについては知らされていなかったようです。テレビ朝日広報部は週刊新潮の取材に対してヤラセを否定しているみたいです。週刊文春のようにまず一度否定させてから、その後に決定的証拠を出す「第二砲」があったらテレ朝としては深刻な問題になりそうですね・・・。

詳細に関しては2月13日発売の「週刊新潮」にて書かれるみたいなので、わかり次第追記していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

10万円でできるかなでヤラセを指示していた担当ディレクターは誰?

デイリー新潮の記事によると、「チーフディレクターの指示」によりヤラセが横行していたとされています。ツイッターの特定班がこのチーフディレクターは誰なのか調査していますが、いまのところ判明していません。

 

 

「#10万円でできるかな」で検索してみると「Aki Takahashi」さんというディレクターを発見しました。この女性は10万円でできるかなのディレクターを担当してることはまちがいないですが、チーフディレクターとしてヤラセを指示していたかどうかはわかりませんでした。ほかにも「グータンヌーボ」や「サンジェルマン伯爵は知っている 」などいろんな番組を制作されているみたいです。

 

スポンサーリンク

10万円でできるかなは今後継続?打ち切り?

最近では「クレイジージャーニー」や「消えた天才」の番組打ち切りが記憶に新しいですが、今回のヤラセ発覚により10万円でできるかなはどうなるのでしょうか。

キスマイファンは継続を熱望しているみたいですが、ヤラセや不貞行為に対して厳しい目を向ける世間は許してくれとは思えません・・・。

まだこのヤラセの真偽はわかりませんが、テレ朝の今後の対応次第では打ち切りも十分にありえるかと思います。人気番組だっただけにとても残念ですね。

 

スポンサーリンク

10万円でできるかなヤラセ発覚に対してネットの反応

 

スポンサーリンク

まとめ

今回はヤラセ報道があったテレ朝の「10万円でできるかな」に関しての情報をまとめてきました!いまのところヤラセの真偽や、指示していたとされるチーフディレクターは誰なのかは明らかになっていません。

2月13日発売の週刊新潮で詳細が書かれているみたいなので、わかり次第追記していきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました