国内初死亡者の神奈川県80代女性の名前は誰で特定?感染経路は?中国渡航歴はないのに新型肺炎コロナウイルスに感染?

ニュース

 

新型コロナウイルスによる感染症で、2020年2月13日に神奈川県の80代女性が亡くなったことが報道されました。初めて国内で死者が出たことによりSNS上で騒然となっています。

そこで今回は、国内初死亡者となってしまった、神奈川県の80代女性は誰なのか、感染経路は何なのかなど、調査していきたいと思います!

 

スポンサーリンク

新型肺炎で国内初の死亡者(神奈川の80代女性)

新型コロナウイルスによる感染症で、神奈川県の80代女性が亡くなりました。厚労省によると、女性は1月22日に体のだるさを覚え、28日に医療機関を受診。2月1日の再受診で肺炎の診断を受け、入院した。6日に抗生剤治療を受けたが呼吸状態が悪化し、13日に死亡が確認された。12日にウイルス検査をしており、死亡後に陽性と確認されたという。感染と死亡との因果関係は調査中。女性に最近の渡航歴はなかった。

引用元:ヤフーニュース

 

スポンサーリンク

国内初死亡者の神奈川県80代女性の名前は誰で特定?

遂に日本国内で新型肺炎コロナウイルスに侵されて亡くなってしまった方が出てしまいました。厚労省によると、この80代女性は1月22日に体のだるさを覚えて、自宅療養の後に医療機関を受診して入院したみたいです。2月6日に抗生剤治療を受けたみたいなのですが、呼吸状態が悪化してしまい2月13日に息を引き取りました。ニュース記事によると、80歳女性は中国武漢への渡航歴はなかったとのことです。

名前や顔画像なども合わせて調査したのですが、こちらに関しては判明しませんでした。新型肺炎コロナウイルスはもうすでに日本国内にも蔓延しているのでしょうか・・・。

お悔やみ申し上げます。

 

スポンサーリンク

国内初死亡者の神奈川県80代女性の感染経路は?

2月13日に亡くなられた80代女性の感染経路に関しては現在調査中みたいです。今回の報道によりあらためて新型肺炎コロナウイルスの感染力の強さが浮き彫りになってしまいました。亡くなられた神奈川県の80代女性以外にも、和歌山県の50代の男性医師、東京都の70代の男性タクシー運転手、千葉県の20代男性の計4人が感染してることも報じられています。

中国政府は武漢市を分断してウイルス拡大を阻止しようとしましたが、もうすでにアジアを始め世界中に蔓延している可能性がありますね。今後はひとりひとり個人の新型肺炎コロナウイルス対策が重要になってくるのかもしれません。

 

スポンサーリンク

国内初死亡者の神奈川県80代女性に対してのネットの反応

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました