リファアクティブを買ってみて購入検討中の方に伝えたい事をまとめてみました!

ライフスタイル

 

リファシリーズは各部分に効果の期待できる商品に枝分かれしていて、各々の悩みに合わせたモデルがいくつも登場しています。

そして、その中でも注目を浴びているのがリファアクティブです。

従来のリファシリーズにも様々な形状のものがあり、目元に向けられた小さな商品、ボディ向けの商品などいくつも開発されています。その中でもリファアクティブは特殊でありながら、体の引き締めに最大限の効果を発揮してくれる商品とも言えます。

実際に使ったことのあるユーザーの口コミの中には実に様々な効果を得られているという表現が多いのも特徴です。「小顔効果に期待大!」「これは毎日使える!」といったような口コミも見られますし、「むくみにも効果的かも」というような口コミも見受けられました。

そこで今回はわたしが実際に使ってみて感じた、美顔ローラーのリファアクティブの特徴、期待できる効果効能についてまとめていきたいと思います!

 

スポンサーリンク

リファアクティブの特徴

リファアクティブの最大の特徴は、自宅で加圧トレーニングを簡単に行えるということです。

加圧トレーニングというのは、特殊な場所でしかできないですし、通うとなるとけっこうな費用がかかります。リファアクティブを使い続ければ、加圧トレーニングと同じ効果が期待できるので効率的に筋肉を鍛えることができ体に弾力とハリをつけることもできます。

この機能は『ワイルドフィット加圧』と呼ばれるものです。ハンドルを握る力の強弱でコンディションに応じて加圧のコントロールパワーをコントロールすることができます。さらにダイヤカットのダブルドレナージュローラーが搭載されているので、的確に肌を捉え確実につまみ出しを行い体のコンディションを整えてくれます。

さらに、左右に2つあるソーラーパネルから光を取り込むことでマイクロカレントを発生します。マイクロカレントとは微弱な電流のことを指しますが、この微弱電流により細胞の再生機能を高めてくれる効果があるのです。440面体ものダイヤカットが施された特殊ローラーにより、肌をやさしくつまみ上げ、エステシャンが行うエステティックメゾットと同じ効果が得られるのも特徴です。

 

スポンサーリンク

リファアクティブを使って期待できる効果効能は?

リファアクティブは毎日使うことで様々な効果を期待することができます。

入浴時にももちろんリファアクティブを使うことができますし、テレビを見ながらでも筋肉を整えることができるのです。クリスティアーノロナウドのようなアスリートのような体にしてくれるのがリファアクティブの最大の効果がとも言えるでしょう。

リファアクティブは直接つまみ出しの効果を発揮してくれるので、体を温めてくれる効果があります。肩こりやふくらはぎのむくみにも効果があり、体の柔軟性を高めてくれる効果があるのです。さらに、体のだるさをなどを回復してくれるのもリファアクティブの効果でもあります。

要するにアスリートの体になるわけですから、全てボディの引き締めにも効果がありますし、肌の色艶や弾力も高めてくれる効果があるのです。運動を行わなくてもアスリート並の体に仕上げてくれるのがいわゆるリファアクティブの効果でもあると言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

リファアクティブは公式サイトで買うべき!模倣品には要注意!

リファアクティブは非常に人気が高く、売れ行きの良い商品のために模倣品がたくさん出回っています・・・。

同じような金額で販売されているのにも関わらず、正規品じゃない場合も考えられます。このようなトラブルに陥らないためにも、しっかりとした販売店で購入することがまずは必要となってきます。

『自分の体に投資する』という大事な事なので、誤って模倣品を購入してしまわないようにしましょう。リファアクティブの模倣品が流通していることは、公式サイトの方でも注意喚起されています。

見た目はそっくりでも防水仕様がなかったり、マイクロカレントが流れないもの、ローラー部分が外れてしまっているものなどがあるみたいです。リファアクティブを購入する際には、このような間違った商品を購入することがないように、公式ホームページから購入するようにしましょう!公式ホームページでは、詳しいリファアクティブの取り扱いについても説明がなされていますし、安心して購入する事が出来ます。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回はわたしも実際に購入したリファアクティブに関しての情報を自身の体験も踏まえてまとめてきました!

リファアクティブの購入を検討してる方や、「男が美顔ローラーを使うのはどうなの?」と思ってる方にとって少しでも参考になれば幸いです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました